yamenogi

yamenogi

最新情報

やめのぎプロジェクト最新情報
こちらのページでは「やめのぎプロジェクト」で執り行っている企画や
新規商材の紹介、取り組みなどの最新情報をいち早くご紹介しております。

九州大学の学生たちが八女の伝統工芸で研修!

DSC_0083

2015年1月11日、九大芸術工学部の3年生など16名が、デザインの課外学習で八女市を訪問されました。この課外学習では、客先の要望を聞くところから対応策の提案までが実地に研修となっているとか。そして今回の題材は“八女提灯”。外国からの留学生2名も含め、学生たちは八女の伝統工芸に興味津々でした。彼らはまず、伝統工芸館で提灯と和紙の基本をビデオで勉強。その後、大きな仏壇や石灯籠、提灯に驚きながらメモやカメラを片手に館内を見学されました。
伝統工芸館の見学を終えた学生たちは、和紙工房で和紙の材料の加工の現場を、続いて大型提灯の製作現場、さらに八女提灯の陳列店舗を見学。その間に伝統工芸産地の抱える課題である販売量の低減、現代生活空間・ニーズとのずれ、後継者不足などを間近に見聞されました。

 

八女伝統工芸館2階溝田和紙工房 和紙原料の見学伊藤権次郎商店 大型提灯製作現場見学株式会社ヤマグチ 多種多様な提灯製品見学

 

八女訪問を受け、1月25日には九州大学大橋キャンパスにて研究結果発表会を開催。そこでは現地で提供された和紙・竹ひご・木枠などを使い、学生一人ひとりが考えた対策を発表しました。研究発表会には八女からも和紙、提灯の工芸士2名と商工会議所1名がオブザーバーで参加。

 

ビーチパラソル
ビーチパラソル
光る骨組み(LEDワイヤー)
光る骨組み(LEDワイヤー)
時計と提灯
時計と提灯

学生16名によるプレゼンテーションはどれも聞き応え十分。現在八女の伝統工芸が抱えている課題設定は的を射ていて、斬新なアイディアが続々と登場。また具体的なアイディアという成果以外に、若いデザイナーたちに八女の町や伝統工芸の存在を知っていただけたというのが何よりの収穫でした。また是非彼らから新しいアイディアを聞ける機会を設けられたらと思います。

最後に、今回の講義を八女提灯を題材に企画・指導いただいた、九大芸術工学部の池田先生、京都工芸繊維大学の岡田先生にお礼を申し上げます。

試作品お披露目会、ついに開催!

といっても、商工会議所内でのお披露目会ですが(笑)。
職人の皆さんが丹誠込めて“やめのぎ”製品の試作品を製作してくれました。
市場に出すためにはまだまだ検討が必要ではありますが
とにかくこれで一歩前進…といったところでしょうか。
八女の技術で誕生する新たな未来を多くの方と共有できれば幸いです。
今回提出いただいた試作品はこちらになります。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

八女産唐紙誕生!
近松辰雄商店さんと溝田和紙工房が共同開発した唐紙。和紙に漆を塗った贅沢な紙。

 

和ハンガーフック!?
近松辰雄商店さん製作の和テイスト満載なハンガーフック。漆塗りの部分がポイント。

 

高級キャンドルスタンド
金箔と漆塗りを施した高級感あふれるキャンドルスタンド。こちらも近松辰雄商店さん製作。

 

ストーンキャンドルスタンド
馬渡石材工業さんに製作いただいた石のキャンドル。重厚な風合いに存在感を感じる。

 

ストーンディッシュ
突き出し用のお皿や鍵置きとして使えるストーンディッシュ。これに刺身を盛れば食卓が一気にオシャレになるかも!?

 

石のお地蔵さん
玄関先に飾りたくなる石材を削り出して作ったお地蔵さん。優しい笑顔が魅力的。

 

石象
石像のゾウ…というダジャレみたいなアイテムも馬渡石材工業さんに作ってもらいました。

 

提灯型ランプシェード(小)
伊藤権次郎商店さんに作っていただいた提灯型のランプシェード。支柱部分は近松辰雄商店さんが製作。

 

提灯型ランプシェード(大)
こちらも上と同様の伊藤権次郎商店さん製作の提灯型ランプシェード。上のものより少し大きい。

 

やめの木チェスと
重量感のあるこのチェストは丸太を馬渡石材工業さんにご協力いただき石材用の機材で切り出している。

2014年の福岡デザインアワードで大賞を受賞した木工所も参加。

DSCF7859

八女市を代表する木工所「独楽工房 隈本木工所」もYamenoGiプロジェクトに参加いただいています。
この木工所は八女の伝統工芸の一つ「独楽」を製作。

また、2014年に開催された福岡デザインアワード(応募作品は155社・185点)では、
独楽作りの技術で製作された鉛筆を持たない腕の置き場を作る姿勢矯正グッズ
『ぐっポス』で大賞を受賞されました。

その隈本木工所に製作を依頼しているのは、独楽のようなオブジェが連なるパーティションと庭用のチェスト。
現在、デザインの調整などを行っており製作はまだ少し先になりそうですが、ぜひ実現してほしい製品です。
八女の独楽がインテリアになる日も近いかもしれませんね。

1B7A0676

独楽工房 隈本木工所
[ 住 ]八女市吉田1507-3
[ ☎ ]0943-22-2955
http://www.yamegoma.jp/

和紙の新たな表現を、素材感を活かしたランプシェードなど検討中。

1B7A0563

以前八女は手すき和紙の産地としても有名で、矢部川周辺には1000軒を超える和紙工房がありました。
現在その数は10軒を割ってしまいましたが、それでも昔からの作り方を今に伝える工房は存在します。
その一つが「溝田和紙工房」。

一枚一枚漉いては乾かすという気の遠くなる作業を黙々となく行う溝田俊和氏は、
和紙や伝統工芸を伝えるため欧米でも講演されるとか。

そんな溝田氏はYamenoGiでチャレンジしているのは、和紙を使ったランプシェード作り。
絶妙な紙厚をどう発注数作るかなど課題は多いようです。
また、和紙に漆を塗る「唐紙(または漆紙)」の製作も手がけています。

さまざまな表現で手すき和紙の素晴らしさを伝える溝田氏に期待が高まります。

DSCF7552

 溝田和紙工房
[ 住 ]八女市大字柳瀬708
[ ☎ ]0943-22-6087
 http://ww7.tiki.ne.jp/~aloha/